親指の腱鞘炎

親指の付け根の腱鞘炎でお悩みの患者様。痛みもあって物を持つ動きに抵抗があるとのことで、いずれ手術も検討しているとのことでした。

親指の腱鞘炎

藤井先生は手を拝見して、原因が歯も影響していると診断。お口の中やレントゲンを診て奥歯の歯が原因だとわかり、動揺していたのもあって抜歯治療へ。

 

抜歯してから数分後、ご本人に親指を曲げていただくと痛みはなくなり、付けていた湿布をも外せるほどとなりました。

親指の腱鞘炎治療後

人間の身体の反応は、とても早いものです。指先から足先まで影響する歯、全身のお悩みを是非私共にお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。